読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじゃぷろの"とりま"

Twitterで言い切れないとか収まりきらないことを”とり”あえず、”ま”とめておく何か

MS駆動効率を上げよう

駆動効率向上について

MSって駆動が良いと言われますよね。

あれって実は(というか予想通りですが)両軸構造であるが故の駆動効率です。

構造での効率は良くても(成形上のバッファのためか)モーターとタイヤの接地点の伝達経路的には遊びが大きく、その意味での駆動効率はさほど良くはなっていません。

結果、接地からトラクションがかかるまでの平均時間が遅いものができてしまっていて、1レース何百~何千回とある”その”機会でそれぞれ時間をロスしています。

 

そこで”その”一瞬をできるだけ短くすることで、より最高速に到達しやすく、良いタイムを出せるように。

駆動効率向上を目指しつつ、ついでに破損を防いでしまおうというのが僕のMS駆動のコンセプトです。

 

特徴
  • トラクションまでの時間を可能な限り短くすることができる
  • 摩擦が低くなる
  • ”あそび”を自由に設定できる
  • ギアの破損を防ぐ(特定条件下)
  • シャーシの摩耗を防ぐ

 

必要なもの
  • トラスビス
  • スプリングワッシャー
  • アルミスペーサー(1.5mm)
  • ナット
  • 小ワッシャー
  • ベアリングブッシュ
  • すきまゲージ
  • ノギス(0.1mmOKなやつ)
  • 2mmピンバイス
  • 瞬間接着剤
  • MS用カウンターギア・スパーギア・カーボンピニオンギア

スパー

まずスパーから

シャフトとスパーを接着剤で止めます。

高強化タイプだと固着に時間があるので、垂らして回しながら添え棒なりを当ててているとブレの少ない固着ができます。

その時、やや左(タイヤがぶれても左右のギアボックスに当たらないよう)にマウントします。

f:id:ojapro:20151125032705j:plain

次に

f:id:ojapro:20151125032659j:plain

カウンターまわり

  • モーターピンでシャフトを作る
  • ベアリングブッシュを入れる
  • ピニオン裏をナットに入れ替える
  • ナットとカウンターの隙間は0.05~0.2mmで調節

まず、モーターピンでシャフトを作ります。

長さはシャフトを入れた時に横にズレないこと。

できたらベアリングブッシュを入れて、ブッシュが入るようにギアボックスの一部を加工してあげてください

f:id:ojapro:20151125033447j:plain

んで、ピニオン裏にナットの当て床を作ってあげます。

画像の順に挟み込みます。

そのままだとキツいしロスが激しいので、ロスが和らぐまでナットを削りながら調節します。(0.03~0.2mm)

f:id:ojapro:20151125034016j:plain

僕は0.1~0.15mm

f:id:ojapro:20151125034035j:plain

こんな感じで

f:id:ojapro:20151125034140j:plain

f:id:ojapro:20151125034158j:plain

f:id:ojapro:20151125034210j:plain

ナットの摩擦・鏡面加工・面取り加工のおかげでトラクションがかかったときの抵抗が異常に低くなります。

 

ギアカバー

ギアカバー側の加工をしてシャフトの”あばれ”をなくします。

シャフトの抑え部分にキャッチャーを貼って3分の2ほどスライスします。

これでシャフトがあばれなくなります。(キャッチャーが厚すぎるとギアボックスの歪みになりますので気をつけて~)

f:id:ojapro:20151125034547j:plain

 

最後に

とまぁこんな感じで、遊びのない駆動を作ることができます。

このメリットは駆動効率の他にギアが”なめ”にくい・破壊されない限り状態が変わりにくい性質があります。

言い換えると、状態が変わる状況はギアが破損する状況しかないんですよねw

なので、タイヤがロックした時に全ての回転が止まります。

 

一方で、タイヤロックのリスクをモーターが受けているのですが、今のところそれが原因でクリティカルに不具合を起こしたことはないし、これでいいかなーと思ってますw

両軸カーボンブラシだし、銅ブラシでもそんなに焼き切れないし、そもそも替えのモーターぐらいは用意しましょうってことでw

 

そんな感じですかね~(*´ω`*)

ホエイルまわりの用語やら系統樹やら。まとめ

よくホエイルやらフレキやらアクアやら言ってるけど、何がどう違うのん?

という疑問を持つ人がいるんじゃないかなーと。

ふと思ったので、まとめてみました。

ついでにホエイルの概念やら”なぜこうなった”やら絡めていきたいと思います~

 

まず、ホエイル・フレキ・アクアについて~。

それぞれ以下の意味のどれかで使われているようです~

ホエイル

  • ホエイルの概念に沿ったマシン
  • ホエイルシステムそのもの
  • ホエイルシステム MS1.x系 または MS3.x系の通称

フレキ

  • フレキシブル系マシン
  • ギミックの一つ

アクア

  • アクアティックアームを採用しているマシン
  • ホエイルシステム MS2.x系の通称

こういう違いっすw 

 

ホエイルシステムは”ホエイルの概念”の実装例

ホエイルシステムというのは、”ホエイルの概念”を実装した一例です。

(ホエイルの概念をシステム化して落としこんだからホエイルシステムと言い換えればわかりやすい気はしますw ホエイルの概念はこちらで~

なので、ホエイルの概念さえ踏襲していれば各それぞれの”ホエイル”なマシンが作られるというしくみです。

とはいえ、具体的にどうすれば良いのかわからないわーという人が多数だと思います。

そういう時はまわりの”ホエイル”っぽいマシンを真似てみるといいんじゃないかなw

無ければTwitterやグーグル先生に聞いてw

もちろん僕のでも全然いいですよw

 

ホエイルシステムの系統樹

んで、↑の”ホエイル”と”アクア”についての箇条書きで”MS1.x系”・”MS2.x系”とかよくわからない単語がありますね。ってことで↓に図解してみました~

f:id:ojapro:20151119025551p:plain

 

ホエイルシステムには系統があります”MS1.x系” ”MS2.x系” ”MS3.x系”の3系統です。

それぞれ”MS(シャーシ) 1(番目).x(各バージョン)系(系統)”という命名です。

 

最初に発起した系統が”MS1.x系”(俗に”ホエイル”と呼ばれる)

次に特化型マシンコンセプトで作られたのが”MS2.x系”(アクアティックアーム搭載のため”アクア”と呼ばれる)

最新のマシンコンセプトで”MS1.x系”を進化させた”MS3.x系”(”MS1.x系”の後継なので引き続き”ホエイル”と呼ばれる)

んで、MS3.3が見えるか見えないか~ぐらいのところに今いますw

 

なぜこうなったし。的な

なぜこんなんができたのか~と。

抽象化と具体化の繰り返し。。ですかね(´・ω・`)

ホエイルシステムは”なんとなくうまくいったけど何故だろう”と”これまでから察するにこれもうまくいくはずだ”の繰り返しでした。その盲目的な試行錯誤の末にいくつかの共通点がみつかり。それぞれを考察した結果、要点や理論が浮かび上がり。付随する強力なアイデアも浮かびました。

んで、もう一度それらを元に再構築したものが最新のホエイルシステムMS3.x系です。

 

いろいろな試行錯誤を重ねてうまくいったものの要点を抽出(抽象化)する。それを踏まえて別の構成を考えて試す。一方で抽出したものの取捨選択・統廃合を繰り返す。

んで、最後に構造に落としこむ。それだけっすw

ホエイルの心得。的な

わりと隠されがちなもの

ホエイルやフレキ、増えてきましたね。

 

いろいろな会場でいろいろなマシンを見かけるでしょうし

当然、いろいろなことを聞かれるかと思います。

人によっては隠したい技術やノウハウがあるでしょう。

駆動やブレーキやスラダンのセッティング。

わりと隠されがちですよねー。自分だけとか身内だけとか。

 

で、ホエイルはどうなの?

 

一言で言うとオープンで自由です。

んで、(僕は全く強制するつもりはありませんが)

オープンで自由な文化とレーサーの”迷い”から守るために。

こういうスタンスや心得で接することができると好ましいなーと思っていることはあります。

 

ということで、”ホエイル心得”的なものを挙げてみました

 

 

ホエイル心得

 

  • ホエイルで学んだ概念・技術・ノウハウは公開しましょう
  • 可能性に挑む姿の邪魔・批判をしてはいけません
  • 考えた先に必ず何かはあります。それが”壁”か”金脈”かはわかりません

 

 んで、↓は詳細。

ホエイルで学んだ概念・技術・ノウハウは公開しましょう

すべての人がすべての概念や技術に”自由に”触れられるべきだと考えています。

積極的に公開する必要はありませんが、少なくとも聞かれたら隠すことなく答えられると好ましいですね

 

可能性に挑む姿の邪魔・批判してはいけません

その結果が明白だったとしても。間違えていたとしても。愚かしいように見えても。

その人がその人なりに頑張っているのです。見守るのも一つの手ですよん

 

考えた先に必ず何かはあります。それが”壁”か”金脈”かはわかりません

ホエイルは未だに未開の地です。

自身で考え、自身で切り開くことに意味があります。

結果はどうであれ、それが強さと糧になりますよん

 

 

以上、ホエイルの心得的なやつでした。

様々な可能性を掘り進め、ご自身のホエイルを作り上げられれば

嬉しいですねヽ(´ー`)ノ